検索キーワード「株式運用成績(2022年8月」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示
検索キーワード「株式運用成績(2022年8月」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示


株式運用成績(2022年8月15日~2022年8月19日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年8月15日~2022年8月19日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】3週続伸、週央には2万9000円台回復の一幕も | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 94,151円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年8月8日~2022年8月12日)

株式運用成績(2022年8月8日~2022年8月12日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

当期間は株価が全体的に上がっていたのでほとんど買えなかった。

酉島製作所は株価が下がったので買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 8/20/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年8月22日~2022年8月26日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年8月22日~2022年8月26日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】4週ぶり反落、パウエル氏講演を前に様子見 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 4,814円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年8月15日~2022年8月19日)

株式運用成績(2022年8月15日~2022年8月19日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

ETF の買い増しのみ。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 8/28/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年8月29日~2022年9月2日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年8月29日~2022年9月2日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】大幅続落、週央に自律反発も売り直される | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 108,434円下がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年8月22日~2022年8月26日)

株式運用成績(2022年8月22日~2022年8月26日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

三菱ケミカルグループ、ダウ、各 ETF は買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 9/03/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年8月8日~2022年8月12日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年8月8日~2022年8月12日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】2週続伸、週末大幅高で7ヵ月ぶり高値圏 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 45,902円上がった。

tab.1

参照:株式運用成績(2022年8月1日~2022年8月5日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

高圧ガス、新日本電工は新規購入。

酉島製作所は買い戻し。
以前所有していたが利益が出たため売却してしまっていた。
気に入っている銘柄なので買い増しをしていきたい。

ETF は買い増し。

tab.2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab.3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 8/13/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年8月1日~2022年8月5日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。

適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年8月1日~2022年8月5日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】売り物こなし2ヵ月ぶり終値で2万8000円を回復 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 28,685円下がった。

tab.1

参照:株式運用成績(2022年7月25日~2022年7月29日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

カナミックネットワークは評価額が取得金額を上回ったため売却。今後も値上がりする可能性はあるが、現在の銘柄選択基準に合わないためずっと売却したかった。

タキロンCI は新規購入。
ETF と三菱ケミカルグループは買い増し。

tab.2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab.3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 8/06/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年9月5日~2022年9月9日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年9月5日~2022年9月9日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】3週ぶり反発、週後半に急反騰で大台回復 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 56,389円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年8月29日~2022年9月2日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

三菱ケミカルグループ、各 ETF は買い増し。

りそなホールディングスの売却は野村證券の口座を整理するため。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 9/10/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年11月7日~2022年11月11日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年11月7日~2022年11月11日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】3週続伸、米株急騰に追随し2万8000円大台回復 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 305,912円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年10月31日~2022年11月4日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

三菱製紙、ソレイジア・ファーマは損切りの売却。

有沢製作所は新規購入。

住友化学、アルファベットA は買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった銘柄
  • 評価損益率がマイナス10%以下になった銘柄
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 11/12/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年10月24日~2022年10月28日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年10月24日~2022年10月28日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】3週ぶり反発、米金利など外部環境に左右される展開 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 22,283円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年10月17日~2022年10月21日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

各ETF は損切りの売却。

三菱ケミカルグループ、各 ETF は買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった銘柄
  • 評価損益率がマイナス10%以下になった銘柄
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 10/29/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年10月31日~2022年11月4日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年10月31日~2022年11月4日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】2週続伸、週末急落も業績好調な個別株が下支え | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 8,009円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年10月24日~2022年10月28日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

住友化学、アルファベットA、ダウ は買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった銘柄
  • 評価損益率がマイナス10%以下になった銘柄
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 11/05/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年9月26日~2022年9月30日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年9月26日~2022年9月30日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】3週続落、リスクオフ加速し2万6000円割れ | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 250,423円下がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年9月20日~2022年9月22日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

三菱ケミカル、住友化学、各 ETF は買い増し。

当期間は株価が大幅に下がったため買い増しも増えた。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 10/02/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年10月17日~2022年10月21日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年10月17日~2022年10月21日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】2週続落、米株横目に方向感に欠ける展開 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 39,493円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年10月11日~2022年10月14日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

ペルセウスプロテオミクスは損切りの売却。

アルファベットAは新規購入。

三菱ケミカルグループ、酉島製作所、ダウ、各 ETF は買い増し。


tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった銘柄
  • 評価損益率がマイナス10%以下になった銘柄
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 10/22/2022 by rteak |  


アセット・アロケーション(2022年9月1日時点)

image
Photo by Tech Daily on Unsplash

2021年10月よりアセット・アロケーションを公開している。
まだまだ非常にバランスの悪い状況だが、これがどのように変わって行くのか推移を見ていきたい。

※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。 

資産配分

2022年9月1日時点のアセット・アロケーションは Fig.1 のとおり。

fig1

前回の状況は「アセット・アロケーション(2022年8月1日時点)」を参照。

アセット・アロケーション(2022年8月1日時点)

資産構成は次のとおり。

  • 国内株式は個別株式が多くを占めている。
  • 海外株式はほとんど ETF と投資信託で、一部個別株式がある。
  • 国内債券と海外債権も ETF と投資信託。
  • 外貨はほとんど FX で外貨預金はわずか。
  • REIT も ETF と投資信託。
  • コモディティは、原油、白金、プラチナなどで、これらも ETF と投資信託。

左上の数字 62 は働かなくても生活できる月数を示している。

安全に投資を進めているため、まだ現金の割合は大きい。

今後も焦らず現金以外の資産をゆっくりと増やしていきたい。

資産の推移

資産の推移は Fig.2 のとおり。

アセット・アロケーションを公開し始めた10月3日時点と比較して、資産は 807,534円増加した。

fig2

今後の方針

方針は前回と変わらない。

相場が上がっているときは積極的に投資すると高値でつかんでしまう恐れがあるため現金を温存する。
相場が下がったときに積極的な投資を進める。

最新のポートフォリオは、「 株式運用成績(2022年8月22日~2022年8月26日) 」(株式、ETFのみ)をご参照いただきたい。

株式運用成績(2022年8月22日~2022年8月26日)
Posted in  on 9/02/2022 by rteak |  


株式運用成績(2022年10月3日~10月7日)

Image

投資は社会貢献であるというポリシーで株式投資を行っている。
適度な長期投資。
デイトレードも信用取引も行わない。

取引手法は自己流。
人に教えられるような知識も技術もない。
運用成績が悪かったとしても反面教師にはなれる。
取引手法の変化もご覧いただき、参考にしていただければ幸いである。

2022年10月3日~2022年10月7日の株式投資運用成績は以下のとおり。

※編集効率化のため表現を変更する場合があります。
※この記事は収益を保証するものではありません。投資は自己責任で行ってください。

概観

当期間の株式市況は株探ニュース記事のとおり。

今週の【早わかり株式市況】4週ぶり大幅反発、金融引き締め懸念が後退 | 市況 - 株探ニュース

前期間からの増減は Tab.1 のとおり。

評価損益は前期間より 125,969円上がった。

tab1

前期間の成績

参照:株式運用成績(2022年9月26日~2022年9月30日)

運用成績

取引結果

当期間の取引結果は Tab.2 のとおり。

各 ETF は買い増し。

tab2

保有銘柄

当期間の保有銘柄は Tab.3 のとおり。

tab3

取引方針

下記の方針で取引を行っている。
これまでと大きな変更はない。

基本方針

  • 社会貢献につながる投資をする。
  • 社会貢献になる投資を行うためにも資産を増やす必要がある。その資産を増やすための投資も行う。(参照:投資こそ強力な社会貢献になる

取引条件

  • 取引は週一回とする。状況によっては回数を増やす。
  • 指値を入れ、取引が成立しなかったときは諦める。
  • 1銘柄当たり10万円前後の投資とし、社会貢献度が高く業績のよい銘柄に対しては投資額を増やしていく。
  • ETF は週一回最少口数で購入し、ドルコスト平均法で増やす。
    株価が大きく下がっても慌てずに少量を指値で買う。
    値上がりして買えなくても、保有分の価値が上がるのだから問題はない。

銘柄選定基準

売却基準

  • 基本方針に反した場合や銘柄選定基準を満たさなくなった場合
  • 資金が必要になった場合

保有銘柄に銘柄選定基準を満たさない銘柄もあるが、それらについては順次処分していく。

Posted in  on 10/09/2022 by rteak |